NYCマラソンケニア勢が初優勝<ニューヨークシティー>

6日、第51回ニューヨークシティーマラソンがパンデミック以来の最大定員で開催され、約5万人が参加した。同日付NBCニューヨークが伝えた。男子はエバンス・チェベト、女子はシャロン・ロケディのケニア勢が制し、車いす男子はスイスのマルセル・フグが最多優勝5回を記録、女子はイリノイ州のスザンナ・スカロニが初優勝した。気温は摂氏21度以上と、11月開催となった1986年以降で最も暑い日の一つで、先頭にいたブラジルのダニエル・ドナシメントが34キロ付近で倒れた。アシュトン・カッチャーやチェルシー・クリントンもチャリティー枠で参加し、完走した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。