食中毒流行が懸念保健局が調査<ブルックリン>

10月に入ってからブルックリン区で約50件の食中毒感染の事例報告があったことを受け、ニューヨーク市保健精神衛生局はカンピロバクター菌感染の流行の可能性について調査を始めた。先月26日付NBCニューヨークが伝えた。カンピロバクター菌は生や加熱が不十分な鶏肉の摂取、菌を持った動物との接触などで感染し、熱や嘔吐下痢などの胃腸炎を引き起こし、入院に至る場合もある。米疾病予防管理センター(CDC)は全米で年間150万人が罹患すると推定する。報告より多くの感染者がいると考えられ、保健当局は原因となる食料源の特定を進めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!