食中毒流行が懸念保健局が調査<ブルックリン>

10月に入ってからブルックリン区で約50件の食中毒感染の事例報告があったことを受け、ニューヨーク市保健精神衛生局はカンピロバクター菌感染の流行の可能性について調査を始めた。先月26日付NBCニューヨークが伝えた。カンピロバクター菌は生や加熱が不十分な鶏肉の摂取、菌を持った動物との接触などで感染し、熱や嘔吐下痢などの胃腸炎を引き起こし、入院に至る場合もある。米疾病予防管理センター(CDC)は全米で年間150万人が罹患すると推定する。報告より多くの感染者がいると考えられ、保健当局は原因となる食料源の特定を進めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。