約300匹を保護動物虐待で飼い主起訴<ロングアイランド>

18日、サフォーク郡ブルックヘイブンのミラープレースの民家で、劣悪な環境で飼育されていた動物約300匹が救出された。19日付ニューヨークポストが伝えた。救出チームが、糞尿とゴキブリまみれの室内から、ウサギ118匹、鳥150羽、猫15匹、カメ7匹、ヘビ3匹を保護し、市内各地の動物福祉団体に運んだ。飼い主のカリン・M・キー被告(51歳)は、動物の残酷な監禁など複数の罪で起訴。友人の話では、同被告は大の動物好きで、閉店するペットショップなどから引き取ったが、手に追えなくなったという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。