父親殺しを依頼息子と共犯者が有罪<ブロンクス>

2018年10月に、シルベスター・ゾットラさん(71歳)がブロンクスのマクドナルドのドライブスルーで銃殺された事件で、息子のアンソニー・ゾットラ被告(44歳)とその共犯者が謀議と委託殺人で有罪となり、終身刑に処される。19日付FOX5ニューヨークが伝えた。ウェストチェスター郡ラーチモント在住の同被告は、マフィア絡みの違法ギャンブルの収益で築いたとされる父親の不動産業を手に入れるため、父と兄のサルバトーレさん殺害を殺し屋に依頼。二人は17年末にも自宅前で襲われたが、一命を取り留めた。この件では他に殺し屋など5人が罪を認めている。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。