地下鉄の安全対策州知事と市長が発表<ニューヨークシティー>

ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事とニューヨーク市のエリック・アダムス市長は22日、地下鉄犯罪対策の新戦略「3つのC(cops、camera、care)」を発表した。同日付ゴッサミストが伝えた。殺人9件を含む今年の地下鉄犯罪総数は、乗客数が減少した昨年と比べて40%増えている。この計画では、MTA警官が主要駅を、NYPD警官が車内や他の駅を巡回し、改札で運賃不払いを取り締まる。州政府は追加人員1日約1200人の時間外勤務を支払う他、精神疾患を持つホームレスの治療中の滞在場所と治療後の生活を支援する2つのプログラムを設立する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。