ゼルディン下院議員自宅の外で銃撃事件<ロングアイランド>

サフォーク郡シャーリーで9日、共和党の州知事候補リー・ゼルディン下院議員(46歳)の自宅の外で銃撃があり、17歳の若者2人が負傷した。同日付ニューヨークポストが伝えた。当時、同議員と妻はブロンクスで行われたコロンブスデー・パレードに向かっており、家にいた10代の双子の娘が銃声と叫び声を聞き、午後2時20分頃に911通報した。警察筋によると、事件は同議員と関係なく、ギャング関連で捜査している。同議員は2015年より下院議員を務め、知事選では強力な犯罪対策を公約に掲げ、最近の調査で民主党のキャシー・ホークル知事と互角の支持を得ている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。