宗教上の祝日休校の取りやめ検討<ニュージャージー>

パセーイク郡クリフトン市の学区では、ローシュ・ハッシャーナー、ディワリ、グッドフライデーなどの宗教上の祝日により休校になることを見直す討論がされている。先月30日付NBCニューヨークが伝えた。州が定める年間180日の授業日数確保のため、連邦、宗教の祝日分の登校日が学年末に加えられる。祝日は学校が終わった後でも祝えるので、その分夏休みを延ばす方が良いという支持派、宗教が異なる子供たちの年一度の祝日は休校であるべきという反対派とで意見は割れている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。