宗教上の祝日休校の取りやめ検討<ニュージャージー>

パセーイク郡クリフトン市の学区では、ローシュ・ハッシャーナー、ディワリ、グッドフライデーなどの宗教上の祝日により休校になることを見直す討論がされている。先月30日付NBCニューヨークが伝えた。州が定める年間180日の授業日数確保のため、連邦、宗教の祝日分の登校日が学年末に加えられる。祝日は学校が終わった後でも祝えるので、その分夏休みを延ばす方が良いという支持派、宗教が異なる子供たちの年一度の祝日は休校であるべきという反対派とで意見は割れている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。