建物に赤い塗料ロシア総領事館<マンハッタン>

先月30日深夜1時半頃、アッパーイーストサイドの5アベニュー近くにあるロシア総領事館の建物正面が真っ赤なスプレー塗料で塗られているのが発見された。同日付パッチが伝えた。警察が通報を受けたのは、ロシアのプーチン大統領がウクライナ4州の不法な併合宣言をし、国際的な怒りを引き起こす数時間前だった。警察はヘイトクライムの可能性を念頭に置き捜査を開始したが逮捕者は出ていない。同総領事館がある91ストリートは2月にロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、バリケードが張られていることが多く、時には警官の姿も見られていた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。