歌手のカーディ・B暴行罪で社会奉仕<クイーンズ>

2018年にクイーンズ区の「エンジェルズ・ストリップ・クラブ」で起こした暴行事件に関し、ラッパーのカーディ・Bことベルカリス・アルマンザー被告は15日、第3級暴行罪と無謀な危険行為で有罪を認めた。同日付PIX11が伝えた。同被告はバーテンダーと口論の末、取り巻き2人と共にイスやビンなどを投げつけたりして店員2人を負傷させた。19年に司法取引を拒否して無罪を主張したが、14件の容疑で起訴され、クイーンズ郡刑事裁判所は15日間の社会奉仕を命じた。カーディ・Bは13日、ブロンクス区にある母校のミドルスクールを電撃訪問し、10万ドルを寄付している。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。