巨大人形が出現!市内各地を訪問<ニューヨークシティー>

高さの12フィートの巨大人形「リトルアマル」が、17日間かけて市内各地を巡る、シアタープロジェクトが始まった。15日付NY1が伝えた。10歳のシリア難民の女の子という設定のリトルアマルは、10人の操り人形師が操作して動く。シリアとトルコの国境からイングランド北西部のマンチェスターまで、ヨーロッパを横断する5000マイルの旅を終えた後、ニューヨークへやってきた。移民や難民への関心を高めることを目指すプロジェクトの一環として、観光名所やコミュニティーなど市内55カ所で、地元アーティストや指導者らと企画した、地元に根ざした特別イベントを行う。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。