電子タバコで和解金4億4000万ドル<コネティカット>

電子タバコ会社「ジュール・ラブズ」が未成年者への販売を巡り複数の州から起こされていた訴訟で、同社は約4億4000万ドルの和解金を支払うことに合意した。6日付FOX5ニューヨークが伝えた。コネティカット州のウィリアム・トング司法長官は、訴訟を起こした33州とプエルトリコを代表して和解内容を発表、同社はアニメやソーシャルメディアのインフルエンサー、35歳以下のモデルの起用、看板や交通機関の広告展開などを禁止された。また同司法長官は、最低でも1600万ドル支払われるコネティカット州への和解金は、電子タバコの防止と教育に充てると述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。