378件の有罪判決検事が破棄を要請<ブルックリン>

ブルックリンのエリック・ゴンザレス地方検事は7日、NYPDの元警官らによる不正な状況証拠により有罪となった378名の判決を破棄するよう、同区最高裁判所のマシュー・ディミック判事に要請した。同日付NY1が伝えた。同検事によると、職務不正を行った13人の元警官が検挙した378件のケースは、ほとんどが薬物と交通違反に関するものだったが、全て有罪となっている。検事局が判決の見直しを行ったところ、裏付けの証拠に信頼性がないことから全判決の破棄に向けて動き出した。ディミック判事が判決を無効にすれば、米史上6番目に大きな有罪判決の大量破棄となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。