378件の有罪判決検事が破棄を要請<ブルックリン>

ブルックリンのエリック・ゴンザレス地方検事は7日、NYPDの元警官らによる不正な状況証拠により有罪となった378名の判決を破棄するよう、同区最高裁判所のマシュー・ディミック判事に要請した。同日付NY1が伝えた。同検事によると、職務不正を行った13人の元警官が検挙した378件のケースは、ほとんどが薬物と交通違反に関するものだったが、全て有罪となっている。検事局が判決の見直しを行ったところ、裏付けの証拠に信頼性がないことから全判決の破棄に向けて動き出した。ディミック判事が判決を無効にすれば、米史上6番目に大きな有罪判決の大量破棄となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。