9-11追悼式典 同時多発テロから21年<ニューヨークシティー>

米同時多発テロから21年を迎えた11日、標的となったニューヨーク市の世界貿易センタービル跡地の「ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアム」で、ペンタゴン、ユナイテッド航空93便の乗客らを含む犠牲者2983人の追悼式典が行われた。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。式典には同市のエリック・アダムス市長、カマラ・ハリス米副大統領夫妻らも出席し、今年も遺族らが犠牲者一人ひとりの名前を読み上げた。姉妹を亡くした女性は、「傷はまだ癒えない。どれだけ時間が経過しても、あの日起こったことを誰もが理解できずにいる」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。