幼児の遺体の一部 下水処理場で発見<ブロンクス>

ブロンクス区ハインツポイントの下水処理施設で先月31日、膝下で切断された足が発見され、翌1日にも同施設でもう片方の足が見つかった。1日付NBCニューヨークが伝えた。警察の情報筋によると、足は共に同一人物、恐らく子供のものだとみられる。環境保護庁のウェブサイトによると、同施設は毎年70万以上の家庭が排出する2億ガロン以上の下水を浄化している。この過程で、ベルトコンベアで運ばれてくるゴミを取り除く作業中の職員が、1本目の足を発見し、警察に通報した。警察はその日は終日、施設内を捜索。市検視官事務所も調査のためにチームを現場に派遣した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。