ウミガメの赤ちゃん 100頭以上死亡<ロングアイランド>

サフォーク郡セイビルで15日、孵化したばかりのカミツキガメ100頭以上が死んでいるのが発見され、生き残ったのは10頭だけだった。20日付パッチが伝えた。動物愛護団体「ヒューメイン・ロングアイランド」は、カメはサフォーク郡公園局職員に「刈り取られた」とし、郡当局に巣の周辺での草刈りなどの禁止を要請。一方で、「ロングアイランド・コンサーバトリー」は、メドウクロフト・エステートの6つの巣の全てが一晩で破壊された夜、近くの鶏小屋がアライグマに襲われていたことから、明らかにアライグマの仕業であるとし、来春巣を金網で覆うことを計画している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。