新型コロナ対策 公立学校で一部緩和<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市教育局は、新学期より公立学校の新型コロナウイルス対策を緩和する。17日付CBSニューヨークが伝えた。ニュージャージー州のフィル・マーフィー州知事も同様の緩和を発表した。新指針では、職員、訪問者、高リスクの課外活動を行う生徒にワクチン接種を求める。毎日の健康スクリーニングは必要ないが、病気の場合は家にいること。陽性の場合は5日間の隔離が必要だが、無症状なら6日目に学校に戻ることができ、回復中であれば10日目までマスク着用とする。生徒とスタッフには月4回分の持ち帰り用の検査が支給され、引き続き屋内でのマスク着用を強く推奨する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。