セリーナ引退表明チケット売上げ急増<ニューヨークシティー>

テニス四大大会で23回の優勝記録を持つセリーナ・ウィリアムズ選手が、9日発売の「ヴォーグ」9月号で引退する意向を表明したことを受け、最後のステージとなる全米オープンのチケットの売上げが加速している。同日付NBCニューヨークが伝えた。全米テニス協会の担当者は、引退のニュースが出た9日午後の時点で1万3000枚の空前の販売数を記録し、オープニングナイトの額面35ドルの席がチケットマスター上に7000ドルで出されていることも明らかにした。組み合わせはまだ未定だが、一回戦の勝利を見越して、先のチケットも買われている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。