混雑課金の原案発表MTAが導入に期待<マンハッタン>

MTAは10日、環境事前調査書を公開し2023年から導入が見込まれる混雑課金案を明らかにした。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。原案はFDRやウェストサイドハイウェーなどを除き、マンハッタン区60ストリート以南へ乗り入れる車両に9ドル〜23ドルの混雑課金を課すもの。同地域に住む低所得者への税控除、橋やトンネル料を払った場合の割引、タクシーやトラックへの対応など7種類の課金プランを検討中。年10億ドルの課金収入が公共交通機関改善の財源となるMTAは、市の環境にも交通機関のためにも役立つとし、公聴会での市民のフィードバックに期待を寄せる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。