混雑課金の原案発表MTAが導入に期待<マンハッタン>

MTAは10日、環境事前調査書を公開し2023年から導入が見込まれる混雑課金案を明らかにした。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。原案はFDRやウェストサイドハイウェーなどを除き、マンハッタン区60ストリート以南へ乗り入れる車両に9ドル〜23ドルの混雑課金を課すもの。同地域に住む低所得者への税控除、橋やトンネル料を払った場合の割引、タクシーやトラックへの対応など7種類の課金プランを検討中。年10億ドルの課金収入が公共交通機関改善の財源となるMTAは、市の環境にも交通機関のためにも役立つとし、公聴会での市民のフィードバックに期待を寄せる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。