混雑課金の原案発表MTAが導入に期待<マンハッタン>

MTAは10日、環境事前調査書を公開し2023年から導入が見込まれる混雑課金案を明らかにした。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。原案はFDRやウェストサイドハイウェーなどを除き、マンハッタン区60ストリート以南へ乗り入れる車両に9ドル〜23ドルの混雑課金を課すもの。同地域に住む低所得者への税控除、橋やトンネル料を払った場合の割引、タクシーやトラックへの対応など7種類の課金プランを検討中。年10億ドルの課金収入が公共交通機関改善の財源となるMTAは、市の環境にも交通機関のためにも役立つとし、公聴会での市民のフィードバックに期待を寄せる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。