アメリカアリゲーター当局に引き渡される<ロングアイランド>

3日、不法飼育されていたアメリカアリゲーターが、ニューヨーク州とサフォーク郡当局に引き渡された。4日付パッチが伝えた。体長約152センチの9歳のザッカリーは州外で購入されたが、飼い主は飼育許可を得ておらず、世話ができなくなったとして、サフォーク郡動物虐待防止協会(SPCA)と州環境保護局に引き渡された。SPCAによると、ロングアイランドでは過去、1年の間に22頭のアリゲーターが不法に放たれていた。発見した場合は触れたり近づいたりせず、専門家に連絡するよう注意を促すとともに、飼い主には不法所持の罰則なしに引き渡す機会を与えている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。