アメリカアリゲーター当局に引き渡される<ロングアイランド>

3日、不法飼育されていたアメリカアリゲーターが、ニューヨーク州とサフォーク郡当局に引き渡された。4日付パッチが伝えた。体長約152センチの9歳のザッカリーは州外で購入されたが、飼い主は飼育許可を得ておらず、世話ができなくなったとして、サフォーク郡動物虐待防止協会(SPCA)と州環境保護局に引き渡された。SPCAによると、ロングアイランドでは過去、1年の間に22頭のアリゲーターが不法に放たれていた。発見した場合は触れたり近づいたりせず、専門家に連絡するよう注意を促すとともに、飼い主には不法所持の罰則なしに引き渡す機会を与えている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。