ポリオ拡大の可能性数百人に感染の危機<オールバニ>

ニューヨーク州保健局のメアリー・バセット委員は、ロックランド郡でポリオワクチン未接種の成人が麻痺を伴うポリオに感染したことを受け、ニューヨーク都市圏での感染拡大の可能性を警告した。5日付NBCニューヨークが伝えた。同委員は「麻痺性ポリオ発生例1件につき、数百人の感染者がいる可能性がある」と話し、同郡とオレンジ郡の下水からウイルスが検出されたことから、生後2カ月までの子供と成人のワクチン未接種者に早急に接種を受けるよう促した。同州のワクチン接種率は、約79%。予防接種の普及により、アメリカは1979年にポリオ根絶を宣言している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。