マック店員が死亡フライドポテトで口論<ブルックリン>

1日、ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントのマクドナルドで、店員のマシュー・ウェブさん(23歳)が撃たれ、3日に亡くなった。5日付ABC7ニューヨークが伝えた。警察によると、この事件で逮捕されたマイケル・モーガン被告(20歳)の母親が、フライドポテトが冷たいとウェブさんに苦情を言ったところ、口論がエスカレートし、同被告が店外に出たウェブさんを撃った。同被告には13回の逮捕歴があり、2020年10月に同区内で起きたケビン・ホロマンさん(28歳)殺人事件の被疑者でもあったが、取り調べ中に犯行を自白し、この件でも逮捕、起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。