テキサス州知事バスで移民を移送開始<マンハッタン>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は7日朝、テキサス州からマンハッタン区ミッドタウンのポートオーソリティー・バスターミナルに到着した移民を出迎えた。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。テキサス州のグレッグ・アボット知事は前週、バイデン政権の国境開放政策が地域社会を圧倒しており、「聖域都市ニューヨークは、移民に手厚い行政サービスや住宅を提供する理想の地だ」として、バスで移民の移送を始めると発表。5日に第一陣約50人が到着した。アダムス市長は、アボット知事が移民を政治の駒に使っていると非難し、国に対し財政などの支援を求めた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。