オオヤマネコを捕獲38年ぶりに目撃<ロングアイランド>

サフォーク郡セントラル・アイスリップの住宅の玄関先で目撃されたオオヤマネコが、先月29日に捕獲された。同日付PIX11が伝えた。29日午前3時30分頃、ホーソーン・アベニューで車の前に飛び出してきた後、通報を受けた警察が鎮静剤を使って捕獲した。動物虐待防止協会によると、同地域での目撃は38年ぶりで、専門家はオオヤマネコ、ボブキャット、サーバルなどと推測していた。当局は、食べ物に飢えているかもしれず危険だと注意を呼びかけていた。種にかかわらず、特別な許可を受けずにヤマネコを飼うことは違法であり、誰かの家から逃げ出した可能性があるとされている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!