サメの監視を強化ホークル知事が指示<ロングアイランド>

サメの出現が相次ぐロングアイランドの州立公園の海岸で、パトロールや監視が強化される。18日付FOX5ニューヨークが伝えた。ニューヨーク州のキャシー・ホークル州知事は、ドローンやヘリコプターを使った監視を増やすよう指示。また超過勤務によってライフガードの人員を25%増やすほか、13人いる認定ドローン操作者に加え、今後数週間で6人が認定される予定。州環境保護局は、アザラシや魚の群れ、釣り場を避け、暗い時間や濁った海で泳がない、水中で一人にならずに海岸近くで泳ぎ、ライフガードやスタッフの指示に従って、看板の注意を守ることを推奨している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。