1995年の殺人有罪判決を破棄<ブルックリン>

ブルックリン地区のエリック・ゴンザレス地方検事は15日、1995年に起きた殺人事件で有罪となった男性3人の判決を破棄すると発表した。同日付NY1が伝えた。当時10代だったジェームズ・アイアンズ、トーマス・マリク、ビンセント・エレルベは、駅のトークン売り場にガソリンを注いで火をつけ、中にいたハリー・カウフマンさんを殺害した罪で、25年以上の終身刑となった。2020年後半に仮釈放されたエレルベさん以外の二人は、今も獄中にいる。有罪判決審査部の再調査の結果、問題ある身元確認、虚偽や矛盾した自白など、検察側の「深刻な問題」が露呈した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1163

ビジネスオーナー必見

知らないと損する!アメリカ政府からの税額控除について

Vol. 1162

夏だから挑戦! 男のソロキャンプ

YouTubeなどでも今話題なのがソロキャンプ。今号は、その魅力とソロキャンプに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。

Vol. 1161

ひんやり甘ーい ニューヨークのスイーツで夏気分!

7月はアイスクリーム月間って知ってた? 夏真っ盛りのうだるような暑さには、冷たくて甘〜いアイスがぴったり。ということで今号はアイスクリームに目がないニューヨーカーに大人気のひんやりスイーツを一挙に紹介!

Vol. 1160

夏本番 屋外アクティビティーを楽しもう!!

ニューヨークは夏の日差しに包まれ、街の人々は太陽の季節を楽しんでいる。夏だからこそ楽しみたい屋外アクティビティーを攻略し、アクティブな時間を過ごそう。