1995年の殺人有罪判決を破棄<ブルックリン>

ブルックリン地区のエリック・ゴンザレス地方検事は15日、1995年に起きた殺人事件で有罪となった男性3人の判決を破棄すると発表した。同日付NY1が伝えた。当時10代だったジェームズ・アイアンズ、トーマス・マリク、ビンセント・エレルベは、駅のトークン売り場にガソリンを注いで火をつけ、中にいたハリー・カウフマンさんを殺害した罪で、25年以上の終身刑となった。2020年後半に仮釈放されたエレルベさん以外の二人は、今も獄中にいる。有罪判決審査部の再調査の結果、問題ある身元確認、虚偽や矛盾した自白など、検察側の「深刻な問題」が露呈した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。