1995年の殺人有罪判決を破棄<ブルックリン>

ブルックリン地区のエリック・ゴンザレス地方検事は15日、1995年に起きた殺人事件で有罪となった男性3人の判決を破棄すると発表した。同日付NY1が伝えた。当時10代だったジェームズ・アイアンズ、トーマス・マリク、ビンセント・エレルベは、駅のトークン売り場にガソリンを注いで火をつけ、中にいたハリー・カウフマンさんを殺害した罪で、25年以上の終身刑となった。2020年後半に仮釈放されたエレルベさん以外の二人は、今も獄中にいる。有罪判決審査部の再調査の結果、問題ある身元確認、虚偽や矛盾した自白など、検察側の「深刻な問題」が露呈した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!