1995年の殺人有罪判決を破棄<ブルックリン>

ブルックリン地区のエリック・ゴンザレス地方検事は15日、1995年に起きた殺人事件で有罪となった男性3人の判決を破棄すると発表した。同日付NY1が伝えた。当時10代だったジェームズ・アイアンズ、トーマス・マリク、ビンセント・エレルベは、駅のトークン売り場にガソリンを注いで火をつけ、中にいたハリー・カウフマンさんを殺害した罪で、25年以上の終身刑となった。2020年後半に仮釈放されたエレルベさん以外の二人は、今も獄中にいる。有罪判決審査部の再調査の結果、問題ある身元確認、虚偽や矛盾した自白など、検察側の「深刻な問題」が露呈した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。