サル痘予防接種実施ファイヤーアイランド<ロングアイランド>

サフォーク郡は、サル痘防止キャンペーンに着手し、ファイヤーアイランドにワクチンのポップアップサイトを設置した。8日付CBSニューヨークが伝えた。サル痘は同性愛者やバイセクシャルの男性が最も罹患しているとのデータから、彼らが多く訪れるファイヤーアイランドのチェリーグローブとパインズに750回分のワクチンが割り当てられた。サル痘はウイルス性の伝染病で、これまでニューヨーク市で141人、サフォーク郡で3人の感染が確認された。同郡行政官は、2週間以内に追加のワクチンを入手して、ロングアイランド本土での実施も望んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。