最低時給アップへ監視員の増員目指す<ニューヨークシティー>

不足するライフガードの確保に向け、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は6日、最低時給を16ドルから19ドル46セントに値上げし、海や大きなプールへ十分なライフガードの配属ができるよう、ミニプールの監視員に研修を行うことで組合と合意した。同日付NY1が伝えた。賃上げは今年のみの臨時措置で、夏の終わりまで毎週働いた者には1000ドルの特別手当を支払う。同市公園局は6日までに778名のライフガードの資格を再認証してきたが、未だ必要数の約半数にとどまっている。市はNYPDとFDNYも連携させて、海やプールでの市民の安全確保に努める。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!