部屋から大量の麻薬2400万ドル相当<ブロンクス>

先月27日、麻薬の隠し場所となっていたブロンクス区マウントホープのアパートから、約2400万ドル相当の麻薬が押収された。29日付PIX11が伝えた。部屋から、複数のバッグに入った約113キロのヘロイン、フェンタニル、コカイン、メタンフェタミンなどのほか、オキシコドンに似た5万〜7万5000錠の偽薬が発見された。室内にいたジュリオ・モタ・プラセンシア被告(39歳)が麻薬密売の罪で逮捕、起訴され、マンハッタン刑事裁判所に出廷後、保釈なしで勾留されている。麻薬取締局によると、ニューヨーク市の麻薬過剰摂取死の78%はフェンタニルによるそう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。