外国人の投票認めずニューヨーク市政選挙<スタテンアイランド>

スタテンアイランドのラルフ・ポージオ判事は先月27日、ニューヨーク市議会が2021年に可決した、市民権を持たない外国人に市政選挙の投票権を認める法案は、違憲だとして差し止めを言い渡した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。法案は市内に80万人以上いる合法的な居住者や、永住権保持者を対象としていた。同判事は「ニューヨーク州法は正式な市民のみ投票権を持つと定め、非市民は含まない」とした。提訴人の1人で共和党全国委員会のロンナ・マクダニエル委員長は「アメリカの選挙は、アメリカ市民により決定されるべき」と述べ、法案阻止を喜んだ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。