プライドマーチ復活最高裁に抗議の声も<マンハッタン>

パンデミック以来初の大規模な「ニューヨーク・プライドマーチ」が先月26日開催され、ローワーマンハッタンで何千もの参加者が歌やダンス、カラフルな装飾のフロートに歓声をあげた。同日付パッチが伝えた。祝賀ムードの反面、数日前に連邦最高裁が下した人口妊娠中絶の権利を覆す判決や、クレランス・トーマス判事が避妊や同性婚の権利の再検討について言及したことへの抗議も多数見られた。パレードに参加した男性は「長い年月をかけて得た権利が奪われるのは恐ろしい」とLGBTQの権利剥奪の可能性を懸念し、団結して声を上げる必要性を語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。