化粧品会社レブロン連邦倒産法を申請<マンハッタン>

ニューヨーク拠点の化粧品大手レブロンが16日、連邦倒産法の適用を申請した。同日付ニューヨークポストが伝えた。アルメイやエリザベス・アーデン、キューテックスなどを抱える同社を1985年に買収した筆頭株主ロナルド・ペレルマン氏の娘、デブラ・ペレルマンCEOは、「当社製品への需要は依然強い」と話すが、近年はサプライチェーン問題や、インフルエンサー、セレブの新興ブランドとの競争に直面していた。ニューヨーク南部地区連邦地裁への申請では、同社の資産は23億ドル、負債は37億ドル。事業継続に、債権者から5億7500万ドルの融資を見込んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!