キャッシュレス化へGWブリッジ通行料<ニュージャージー>

ジョージワシントンブリッジの通行料金の徴収が7月10日より完全キャッシュレス化へと移行する。9日付FOX5ニューヨークが伝えた。橋はニューヨーク市への通勤の入り口として、ニューヨーク・ニュージャージー港湾局が昨年約4900万台の東行きの車両を管理してきた。また、州間高速道路95号線から年間数百万台もの車が乗り入れる交通の要所となっている。キャッシュレス化で料金所を撤去、EZパスのない車はナンバープレートを読み取り郵送で通行料を請求する。スキャナーが乗車人数を特定できないことから、カープール割引の継続は取りやめとなる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。