ラガーディア空港新ターミナル利用開始<クイーンズ>

4日、ラガーディア空港でデルタ航空の新ターミナルCが正式にオープンし、旅客の利用が始まった。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。約40億ドルかけて新装した、面積130万平方フィートのターミナルCは、床から天井まで窓から自然光が降り注ぐ。以前使用していた2つのターミナルより85%大きく、発着ホールから37のゲートにアクセスが可能。手荷物預け入れやID確認、セキュリティー検査など、効率とスピードを提供する最新技術を備える。TSA保安検査場では待ち時間が表示されるなど、チェックインからゲートまで、より迅速に移動できるよう設計されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。