市長権限を2年延長公立学校クラスを縮小<ニューヨークシティー>

ニューヨーク州議会は3日、ニューヨーク市の公立学校への市長権限を2年延長すると共に、クラス定員削減を義務づける法案を成立させた。同日付ニューヨークポストが伝えた。法案は5年間でクラスの定員を幼稚園〜3年生で20人、4〜8年生で23人、高校で25人とすると定める。実施には年間約11億ドルの追加費用が見込まれ、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長やデービッド・バンクス教育局長官は、州の資金援助がなければ、他のプログラムに財政的影響が出ると警告した。また市長とキャシー・ホークル州知事は、市長権限の3〜4年の延長を求めていた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。