デルガド氏が就任ラテン系初の副知事<オールバニ>

汚職罪で起訴され辞任したブライアン・ベンジャミン前副知事の後任として、民主党のアントニオ・デルガド下院議員が先月25日、ニューヨーク州副知事に就任し宣誓を行った。同日付NBCニューヨークが伝えた。州で初のラテン系ルーツを持つ副知事となり、秋の知事選ではキャシー・ホークル州知事のランニングメイトとなる。ハーバード大学の法学位を取得し、弁護士になる前はラッパーも目指していた同氏は「異なる2つのキャリアで得た経験は、考えの溝を埋めるのに役立つ」と述べ、人々の声に耳を傾け、接点を見出し、効率的に仕事に取り組むことを誓った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。