救急医療技師が負傷救急車内で患者が発砲<スタテンアイランド>

18日午後8時前、患者を病院に搬送中の救急車内で、救急医療技師(EMT)のリチャード・マクマホンさん(25歳)が、患者のトーマス・マコーリー被告(37歳)に後ろから肩を撃たれて負傷した。19日付PIX11が伝えた。マクマホンさんは順調に回復しており、翌日リッチモンド大学メディカルセンターを退院。FDNY救急医療隊(EMS)組合のアンソニー・アルモヘラ副組合長は、「ファーストレスポンダーへの暴行は、昨年に比べ100%以上増加し、犯人の起訴は非常にまれだ」と延べた。同被告は銃撃に関する罪状認否のために法廷に送られた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。