速度監視カメラ継続州議会議員が合意<オールバニ>

19日、ニューヨーク州議会議員が、近く期間満了となるニューヨーク市の速度監視カメラ・プログラムを2025年7月1日まで、3年間延長する法案に合意した。20日付ゴッサミストが伝えた。交通安全向上を目指し、カメラ設置の恒久化を推進するエリック・アダムス市長はこれを歓迎した。19年に承認された現法案は、最大750学区にカメラを設置でき、制限速度10マイル以上超過で50ドルの違反切符を発行する。作動時間は午前6時〜午後10時だが、新法案では1日24時間可能になる。市議会の承認が得られれば、6月2日の州議会の会期終了前に承認される見通しである。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!