ハーフマラソン再開30歳男性ランナー死亡<ブルックリン>

21日、パンデミック以来、初めての開催となったブルックリン・ハーフ・マラソンで、ゴール後に心停止を起こして倒れた30歳の男性ランナーが、搬送先のコニーアイランド病院で死亡した。同日付NBCニューヨークが伝えた。午前7時にブルックリン美術館を出発し、コニーアイランドのボードウォークまでの13・1マイルを走るこのレースは、季節外れの暑さの中で行われた。主催者によると、レース中の気温は摂氏約16〜26度だった。FDNYの話では、参加者17人が不調を訴え、16人が病院に搬送された。大会での死者は、31歳のランナーが亡くなった2014年以来、8年ぶりとなる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。