ハーフマラソン再開30歳男性ランナー死亡<ブルックリン>

21日、パンデミック以来、初めての開催となったブルックリン・ハーフ・マラソンで、ゴール後に心停止を起こして倒れた30歳の男性ランナーが、搬送先のコニーアイランド病院で死亡した。同日付NBCニューヨークが伝えた。午前7時にブルックリン美術館を出発し、コニーアイランドのボードウォークまでの13・1マイルを走るこのレースは、季節外れの暑さの中で行われた。主催者によると、レース中の気温は摂氏約16〜26度だった。FDNYの話では、参加者17人が不調を訴え、16人が病院に搬送された。大会での死者は、31歳のランナーが亡くなった2014年以来、8年ぶりとなる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。