失読症の検査公立学校の全生徒に<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は12日、市内公立学校に通う全生徒に失読症のスクリーニング検査を行うことを発表した。同日付NY1が伝えた。自らも失読症に苦しんだ市長は、スクリーニングによる早期発見と適切な支援の徹底を目指し、試験的に小、中学校それぞれ80校の教員に訓練を施して、失読症リスクの診断と教育サポートに乗り出す。またブロンクス区とマンハッタン区にある2つの学校に言語学習障害の生徒に特化したプログラムを開設し、2023年秋までに5つの各区で、少なくとも1校ずつ教育支援ができるよう目標を定めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。