マスクを再び奨励感染リスク高い地域に<オールバニ>

新型コロナウイルス再流行の兆しを受け、ニューヨーク州保健局は13日、感染リスクが高い地域の住人や重症化の恐れがある人に、ワクチン接種の有無に関わらず、屋内におけるマスク着用を再び推奨すると発表した。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。米疾病予防管理センター(CDC)は同州のウェストチェスター、ナッソー、サフォーク郡を含む45の郡を感染リスクが高い地域に指定している。一方ニューヨーク市内はブロンクス区が「低」、他4区が「中」レベルとされている。同局はマスク着用と換気を再び奨励して地域感染リスクの低下、重症化防止につなげたい意向だ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。