プラスチック禁止令環境保護を目指す<ニュージャージー>

4日より、ニュージャージー州の小売店や食料店、フードサービス業で、使い捨てのプラスチック袋や発泡スチロール容器などの提供と販売が禁止された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。面積2500平方フィート以上の店舗を除き、使い捨て紙袋の提供、販売は許される。最初の違反は警告のみで、2回目は1000ドル以下、3回目以降は5000ドル以下の罰金となる。フィル・マーフィー州知事と州議会は2020年11月に、国内でも革新的なこのレジ袋禁止法を制定した。その一環で昨年11月より、プラスチック製のストローは、要求がない限り提供ができなくなった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。