プラスチック禁止令環境保護を目指す<ニュージャージー>

4日より、ニュージャージー州の小売店や食料店、フードサービス業で、使い捨てのプラスチック袋や発泡スチロール容器などの提供と販売が禁止された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。面積2500平方フィート以上の店舗を除き、使い捨て紙袋の提供、販売は許される。最初の違反は警告のみで、2回目は1000ドル以下、3回目以降は5000ドル以下の罰金となる。フィル・マーフィー州知事と州議会は2020年11月に、国内でも革新的なこのレジ袋禁止法を制定した。その一環で昨年11月より、プラスチック製のストローは、要求がない限り提供ができなくなった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!