プラスチック禁止令環境保護を目指す<ニュージャージー>

4日より、ニュージャージー州の小売店や食料店、フードサービス業で、使い捨てのプラスチック袋や発泡スチロール容器などの提供と販売が禁止された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。面積2500平方フィート以上の店舗を除き、使い捨て紙袋の提供、販売は許される。最初の違反は警告のみで、2回目は1000ドル以下、3回目以降は5000ドル以下の罰金となる。フィル・マーフィー州知事と州議会は2020年11月に、国内でも革新的なこのレジ袋禁止法を制定した。その一環で昨年11月より、プラスチック製のストローは、要求がない限り提供ができなくなった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。