赤ちゃん誕生絶滅危惧のカンガルー<ブロンクス>

ブロンクス動物園は先月29日、アカキノボリカンガルーの赤ちゃんがお母さんの袋から顔を出したと発表した。同日付パッチが伝えた。アカキノボリカンガルーは、パプアニューギニアの熱帯雨林の山地に生息し、木の上で生活をする。成長した雄でも体重は20〜25パウンドと小型で、絶滅危惧種に指定されている。人間の親指の爪ほどの大きさで誕生する赤ちゃんは生後約7カ月母親の袋の中で過ごす。同園で2008年以来初めてこの種が誕生したことを喜ぶジム・ブレーニー園長は、「自然界の進化的適応の1つを観察するまたとない機会だ」とニュースリリースで述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。