赤ちゃん誕生絶滅危惧のカンガルー<ブロンクス>

ブロンクス動物園は先月29日、アカキノボリカンガルーの赤ちゃんがお母さんの袋から顔を出したと発表した。同日付パッチが伝えた。アカキノボリカンガルーは、パプアニューギニアの熱帯雨林の山地に生息し、木の上で生活をする。成長した雄でも体重は20〜25パウンドと小型で、絶滅危惧種に指定されている。人間の親指の爪ほどの大きさで誕生する赤ちゃんは生後約7カ月母親の袋の中で過ごす。同園で2008年以来初めてこの種が誕生したことを喜ぶジム・ブレーニー園長は、「自然界の進化的適応の1つを観察するまたとない機会だ」とニュースリリースで述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!