シティーバイク新型Eバイクを設置<ニューヨークシティー>

自転車シェアの「シティーバイク」は5日から、会員に向け、新モデルのEバイク(電動アシスト自転車)をドッキングステーションに設置している。先月29日付ゴッサミストが伝えた。新型のEバイクは、パワーが強化されて速度が増し、内蔵されたバッテリーは従来の2倍長持ちして60マイルの距離を走行できる。水圧ブレーキ、液晶パネルを搭載し、ライトに反射する塗装が施されたオフホワイトの車体が特徴的だ。運営するリフト社は、パンデミックで加速したEバイクブームをブルックリンやクイーンズ区へさらに拡張させるべく、年内に4000台を追加設置する予定である。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。