まれな脳腫瘍多発同じ高校の卒業生に<ニュージャージー>

ニュージャージー州ウッドブリッジのコロニア高校関係者約100人が、まれながんを発症した。17日付FOX5ニューヨークが伝えた。1999年、27歳だったアル・ルピアーノさんと妻は非常にまれで異常に大きな聴神経腫、妹は発症率100万人に30人の多発生膠芽腫(こうがしゅ)と診断された。3人は同じ高校出身で、SNSで問い掛けたところ、同校関係者100人以上が原発性脳腫瘍を患っていると判明した。40〜67年に輸入ウラン鉱石を分析・処理していたミドルセックスサンプリングプラント跡が近くにあり、環境科学者のルピアーノさんは土壌の放射線汚染を疑っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。