まれな脳腫瘍多発同じ高校の卒業生に<ニュージャージー>

ニュージャージー州ウッドブリッジのコロニア高校関係者約100人が、まれながんを発症した。17日付FOX5ニューヨークが伝えた。1999年、27歳だったアル・ルピアーノさんと妻は非常にまれで異常に大きな聴神経腫、妹は発症率100万人に30人の多発生膠芽腫(こうがしゅ)と診断された。3人は同じ高校出身で、SNSで問い掛けたところ、同校関係者100人以上が原発性脳腫瘍を患っていると判明した。40〜67年に輸入ウラン鉱石を分析・処理していたミドルセックスサンプリングプラント跡が近くにあり、環境科学者のルピアーノさんは土壌の放射線汚染を疑っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。