まれな脳腫瘍多発同じ高校の卒業生に<ニュージャージー>

ニュージャージー州ウッドブリッジのコロニア高校関係者約100人が、まれながんを発症した。17日付FOX5ニューヨークが伝えた。1999年、27歳だったアル・ルピアーノさんと妻は非常にまれで異常に大きな聴神経腫、妹は発症率100万人に30人の多発生膠芽腫(こうがしゅ)と診断された。3人は同じ高校出身で、SNSで問い掛けたところ、同校関係者100人以上が原発性脳腫瘍を患っていると判明した。40〜67年に輸入ウラン鉱石を分析・処理していたミドルセックスサンプリングプラント跡が近くにあり、環境科学者のルピアーノさんは土壌の放射線汚染を疑っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。