JFKの検疫探知犬5年の役目終え引退<ブルックリン>

アメリカ農畜産業が危険になりかねない輸入物を嗅ぎ分ける国土安全保障省の探知犬が、JFK国際空港で5年間の勤務を終えて引退した。7日付FOX5ニューヨークが伝えた。米税関・国境警備局(CBP)によると、8歳のラブラドールレトリバーのボボは、持ち込み禁止の植物製品5793点、動物や畜産物4057点を探知し、200種近い動植物関連の病気が国内に入るのを阻止してきた。中には、フィリピンからの生きた毒ヘビやバングラデシュのサトカラレモン150キロなどがあった。ボボは引退後、ロングアイランド在住のCBP局員の家に引き取られ、余生を楽しんでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。