JFKの検疫探知犬5年の役目終え引退<ブルックリン>

アメリカ農畜産業が危険になりかねない輸入物を嗅ぎ分ける国土安全保障省の探知犬が、JFK国際空港で5年間の勤務を終えて引退した。7日付FOX5ニューヨークが伝えた。米税関・国境警備局(CBP)によると、8歳のラブラドールレトリバーのボボは、持ち込み禁止の植物製品5793点、動物や畜産物4057点を探知し、200種近い動植物関連の病気が国内に入るのを阻止してきた。中には、フィリピンからの生きた毒ヘビやバングラデシュのサトカラレモン150キロなどがあった。ボボは引退後、ロングアイランド在住のCBP局員の家に引き取られ、余生を楽しんでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!