JFKの検疫探知犬5年の役目終え引退<ブルックリン>

アメリカ農畜産業が危険になりかねない輸入物を嗅ぎ分ける国土安全保障省の探知犬が、JFK国際空港で5年間の勤務を終えて引退した。7日付FOX5ニューヨークが伝えた。米税関・国境警備局(CBP)によると、8歳のラブラドールレトリバーのボボは、持ち込み禁止の植物製品5793点、動物や畜産物4057点を探知し、200種近い動植物関連の病気が国内に入るのを阻止してきた。中には、フィリピンからの生きた毒ヘビやバングラデシュのサトカラレモン150キロなどがあった。ボボは引退後、ロングアイランド在住のCBP局員の家に引き取られ、余生を楽しんでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。