父親に有罪評決大学寮で娘の友人虐待<ウェストチェスター>

娘の大学の友人らを脅して何百万ドルもの金を搾取していた父親に6日、陪審員が有罪の評決を下した。同日付NBCニューヨークが伝えた。ローレンス・レイ被告は2010年、ブロンクスビルにあるサラローレンス大学の娘の寮に住み込み、友人らの心理を巧みに操り接近、10年に渡る脅迫・暴行により売春行為や労働を強要していた。9月16日に下される判決で、恐喝、強制労働、性的目的の人身売買罪などで無期懲役が言い渡される可能性がある。被告の娘と友人のイザベラ・ポロック容疑者は、犯罪の手助けをしたと見られるが、娘は起訴されていない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。