市長就任100日目アダムス氏コロナ感染<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長が就任100日目を迎えた10日、新型コロナウイルスに感染したことが分かった。同日付ニューヨークタイムズが伝えた。市長室の発表によると、61歳の市長は起床時に声がかすれていて、簡易検査を受けると陰性だったが、その後のPCR検査で陽性反応が確認された。持病の糖尿病は重症化のリスクを高める可能性があるが、他に症状は出ていないという。週内に組まれていた公的行事への出席を全て取り止めて隔離に入り、ニューヨーク市民に無料で提供される抗ウイルス薬を直ちに服用することも伝えられた。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。