強盗から女性を救助ピザ店経営者親子刺傷<クイーンズ>

クイーンズ区エルムハーストのピザ店を経営する親子が、強盗に襲われた女性を助けようとして刺された。先月29日付ABC7ニューヨークが伝えた。先月26日夜、バクスターアベニューの「ルイズピザ」前で、韓国人女性(61歳)が男3人にバッグを奪われ刺された。チャーリー・スルジョビックさん(68歳)と息子のルイさん(38歳)が助けに入った際、犯人に刺されて気胸となったが、警察が来るまで犯人2人を取り押さえ、そのまま歩いて病院まで向かった。ロバート・ワック被告(30歳)とスプリーム・グッディング被告(18歳)は、強盗と暴行などで起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。