強盗から女性を救助ピザ店経営者親子刺傷<クイーンズ>

クイーンズ区エルムハーストのピザ店を経営する親子が、強盗に襲われた女性を助けようとして刺された。先月29日付ABC7ニューヨークが伝えた。先月26日夜、バクスターアベニューの「ルイズピザ」前で、韓国人女性(61歳)が男3人にバッグを奪われ刺された。チャーリー・スルジョビックさん(68歳)と息子のルイさん(38歳)が助けに入った際、犯人に刺されて気胸となったが、警察が来るまで犯人2人を取り押さえ、そのまま歩いて病院まで向かった。ロバート・ワック被告(30歳)とスプリーム・グッディング被告(18歳)は、強盗と暴行などで起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。