空き家の不法貸出し地域住民が安全を懸念<クイーンズ>

週末に銃声が鳴り響いたクイーンズ区ベイサイドの住民は、不法に貸し出されている空き家が犯罪の温床になることを懸念している。先月25日付ABC7ニューヨークが伝えた。車に撃ち込まれた弾丸の1つはチャイルドシートで発見され、ジョン・リュー上院議員と住民らが声を上げた。空き家は、差し押さえのプロセスが遅れているのを知る不法占拠者がエアービーアンドビーで貸し出し、人の出入りが確認されていた。エアービーアンドビーは物件のリスティングを停止したが、家の抵当権を持つ銀行側からの動きはなく、住民は安全への不安を募らせている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。