ブロードウェー作品価格上昇でも観客増<マンハッタン>

ブロードウェーヒット作のチケットがパンデミック以前より高額になっている。先月23日付NBCニューヨークが伝えた。ブロードウェーリーグによると、値上がりは「アラジン」、「ライオンキング」など家族向けの作品で著しいが、高額でもパンデミックで失われた時を取り戻すかのように、多くのショーが売り切れやほぼ満席になっている。先月20日締めの週あたりの興行総収入は、公演22作品のうち12作品が100万ドルを超えた。ヒュー・ジャックマン主演の新作「ザ・ミュージック・マン」が350万ドルと圧倒の1位で、チケット平均価格は283ドルだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。